ETF/投資信託

【比較】クオリティETF DGRW vs SCHD(2021年6月)

こんにちは、おーです!

 

クオリティ系ETFとして(わたしの中で個人的に)整理しているETFの個別比較第3弾として、「DGRW」「SCHD」を比較してみます。

(銘柄名をクリックすると、過去に紹介した個別ETFの記事へジャンプします)

 

 

なお、2021/3月にも一度比較しています。

当時の比較記事は「【比較】クオリティETF DGRW/SCHD/DGRO vs VIG(2021年3月)」を参照してください。

 

この比較記事は初心者のわたしなりの視点で、自分が投資をする際の参考にしたいと思う概要情報を把握するための、ざっくりとした比較です。

(購入をオススメするものではありません、投資はあくまで自己判断・自己責任の前提でお願いします)

【主な内容】

  • 各ETFの基本構成と特徴
  • 各ETFに関する直近記事(DGRW:比較記事2021/3月、SCHD:最新比較記事2021/4月)と現時点の銘柄変更などに関する状況
  • 各ETFのセクター保有割合の比較
  • 各ETFの保有上位20銘柄の重複程度、20位までと21位以下のセクター別保有割合などの参考比較
  • 保有銘柄重複程度の比較
  • パフォーマンス推移の比較
  • 分配金、増配率、利回り推移の比較

興味のあるかたはご覧いただけると嬉しいです。

 

【2021年11月16日追記】

かなりの悲報です、2021年11月15日付けでサクソバンク証券の米国ETF取扱銘柄が大幅に制限されることになり、このような優良、興味深いETF(SCHD)はサクソバンク証券では購入できなくなりました。

 

関連記事のご紹介【2022年2月20日追記】

記事の概要/投稿時期 件名(クリックで記事へジャンプ)
更新情報/2022年2月 【更新】SCHD(Schwab 米国配当株式ETF)2021年実績など
更新情報/2022年1月 【更新】DGRW(ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長ファンド)2021年実績など

 

【比較】クオリティETF DGRW vs SCHD(2021年6月)

各ETFの基本構成と特徴(概要)

ETFの基本構成や特徴はすでに記事化していますので、簡単なご紹介とさせていただきます。

各ETFの基本構成

① 各ETFの基本構成比較

引用元:純資産総額、直近株価yahoo! finance USA

その他情報引用元:各ETF運用会社のホームページ情報など

純資産総額は1$=100円として換算

配当利回りは直近株価と年間分配金実績をもとに弊ブログで算出

 

DGRWは日本国内大手証券会社で簡単に購入できます(SBI証券であれば購入手数料無料)。

SCHDは残念ながらサクソバンク証券などの一般口座でしか購入できない(手軽とは言いがたい)認識です(2021/6月現在)。

 

各ETFの特徴

② 各ETFの特徴(概要)比較

配当成長にも期待できる(=クオリティを重視した質の高い投資先を選定している)特徴を有していると思います。

個人的に好きな思想ですので注目しているところです。

 

【参考】各ETF紹介時からの銘柄変更などの状況

今回比較する各ETFの最新情報は、DGRW比較記事で2021/3月に、SCHD比較記事の最新は2021/4月にそれぞれ紹介させていただきました。

現時点で銘柄の保有状況やセクター構成に変化があるかをざっくり比較しておきます(表は左欄が最新の構成状況です)。

 

DGRWの状況

DGRW直近は2021年3月に比較記事を作成した際の構成銘柄を基準に内容を確認します。

③ 【参考】DGRW上位20位までの保有銘柄と保有割合の変更状況比較

着色部は、順位変動があった銘柄となりますが(すべての銘柄を確認してはいませんが)、上位陣の構成を確認する限り、この短期間では保有割合の変更に伴う順位変動のみで、銘柄入れ替えは確認できませんでした。

 

セクター保有割合もほぼ変動なしです。

上位構成でみると、情報技術セクターの割合が微増、生活必需品の割合が微減など、微々たる変動であることが確認できます。

(生活必需品と、資本財セクターの順位は入れ替わっている)

④ 【参考】DGRWセクター保有割合の変更状況比較(2021:6月 vs 2021:3月)

 

SCHDの状況

SCHDの直近は2021年4月にVYMと比較した際の構成銘柄を基準に内容を確認します。

⑤ 【参考】SCHD上位20位までの保有銘柄と保有割合の変更状況比較

着色部が順位変動銘柄ですが(こちらもすべての銘柄を確認したわけではありませんが)、上位陣の構成をみる限りではこの短期間では、保有割合の変更のみで銘柄入れ替えは確認できませんでした。

IBMが1位になっているのは非常に特徴的な銘柄構成に思えます。

 

情報技術セクターと金融が同率1位(情報技術が約7%大幅に増加、金融が約4.9%減少)となり、ヘルスケアも約8.6%の大幅増加(生活必需品、資本財セクターが減少)など、上位陣の構成に変更があることが確認できます。

⑥ 【参考】SCHDセクター保有割合の変更状況比較(2021:3月 vs 2020:12月)

 

DGRWとは異なり、SCHDは各銘柄保有割合の増減により、セクター保有割合の上位構成がそれなりに大きく変更されていることが確認できました。

次からは2021/6月時点の状況を比較していきます。

 

各ETFのセクター保有割合

ここからは2021/6月時点の状況を比較していきます。

各ETFの全体を俯瞰しての保有割合を比較してみた結果は、以下のとおりです。

今回も今までの比較記事と同様、3種類で趣向を変えて掲載しています。

  1. 棒グラフでの比較
  2. 円グラフでの比較
  3. レーダーチャートでの比較

いずれかの見やすい表示で確認いただければと思います。

注:セクターの並びはすべて左のETF(今回は左にDGRWを配置していますので、DGRWの構成順位)に沿って上位セクターから順に並べています。

 

①円グラフでの比較

⑦-1 円グラフ 各ETFのセクター保有割合(ETF全体)

 

②棒グラフでの比較

⑦-2  棒グラフ 各ETFのセクター保有割合(ETF全体)

 

③レーダーチャートでの比較

⑦-3 レーダーチャート 各ETFのセクター保有割合(ETF全体)

ざっくり大きめな相違点だけを確認すると、

DGRW > SCHD

  • 情報技術:差約4.8%
  • ヘルスケア:差約7.1%
  • 資本財:差約2.3%
  • 通信サービス:差約1.6%

DGRW < SCHD

  • 金融:差約15.2%
  • 一般消費財:差約2.4%
  • エネルギー:差約1.4%

SCHDには公益事業、不動産は含まれないがDGRWは少量含んでいる

DGRWとの特徴的な相違点としては、金融セクターの差が圧倒的です。

その他ヘルスケアにも大きめな差はありますが、全体のセクター構成の傾向としては概ね似ているようにも思います。

金融セクターの保有割合をどう捉えるか、判断が分かれそうです。

 

保有銘柄上位1〜20位の重複、全体の重複程度、保有セクターの割合などの比較

続いて、上位構成銘柄の比較と、上位構成銘柄を基準とした、全体の保有割合などとの比較をしてみたい思います。

 

保有銘柄上位1〜20位の構成(重複)の比較

上位1〜20位までの銘柄について、重複の程度を比較してみました。

⑧ 上位20位までの各ETF保有銘柄とETF間での銘柄重複有無

 

逆に上位20位までの銘柄で、ETF間で重複のなかった(ETFの思想上、いずれかのETFにしか計上されなかった)銘柄は以下のとおりです。

これらの銘柄は、各ETFの21位以下でも銘柄重複は確認できませんでした。

⑨ 上位20位までの銘柄でETF間に重複のなかった銘柄
  • DGRWは成長著しいMicrosoftやApple、PGやJNJなど多数の代表的な成長銘柄も含んでいるのに対し、SCHDではそれらの銘柄は含まれていない
  • SCHDの上位構成13/20銘柄はDGRWにも含まれており、DGRWの分散程度が幅広いことがわかる
  • SCHDは銘柄数を絞り込んで選定しており、特徴的な銘柄で構成されていることも垣間見える

 

 

【参考】上位20位までの銘柄が所属するセクター割合(弊ブログ独自集計)

これは上位20位までの銘柄が所属するセクターを、弊ブログ独自に集計した表となります。

注:この表のセクター分類は、先程紹介したETF全体のセクター構成割合と、整合を保証するものではありません。

上位銘柄がどのような構成・セクター分類かをざっくり把握するための、あくまで個人的な参考集計という位置づけであることを、ご了承お願いします。

 

⑩-1 【参考】上位20位までの銘柄が所属するセクター割合

上位20銘柄が全体に占める割合はDGRW約54.3%、SCHD約69.2%です。

SCHDは104銘柄と少数精鋭、DGRWは約3倍の299銘柄を保有しています。

上位陣の銘柄構成だけでみると、DGRWのほうがセクターには偏りがあるように見受けられます(SCHDはエネルギーを除いて幅広めに網羅しているように見受けられる)。

ただし、SCHDは上位陣の構成銘柄で約70%保有しており、上位構成銘柄の寄与は大きいことも分かります。

 

【参考】21位以下の銘柄が所属するセクター割合(弊ブログ独自集計)

上記、上位20位までのセクター保有割合(弊ブログ独自に集計した分類)をもとにして、『ETF全体の各セクター保有割合ー上位20位までのセクター保有割合』により、21位以下の保有割合を参考に算出、比較してみました。

注:この表のセクター分類は、上記同様、先程紹介したETF全体のセクター構成割合と、整合を保証するものではありませんので、ご注意ください。ざっくりイメージを掴むために作成した資料となります。

⑩-2 【参考】21位以下のセクター割合(セクター全体ー上位20位により算出)

 

【参考】DGRWの上位20位までと21位以下の銘柄が所属するセクター割合(弊ブログ独自集計)

DGRW内で「上位20位まで」と「21位以下」で横並びに記載してみました。

注:この表も先程の比較と同様、弊ブログで独自に分類、参考集計したものです。正確性を保証するものではありませんので、参考程度にご覧ください。

⑪-1 【参考】DGRWの上位20位までと21位以下の保有割合
  • DGRWの「情報技術」、「ヘルスケア」、「生活必需品」、「コミュニケーション・サービス(通信サービス)」は上位20位までの銘柄が大多数を占めている⇒1銘柄あたりの寄与度が大きめ
  • 21位以下の銘柄では「資本財」が突出している⇒1銘柄あたりの寄与度が小さめだが偏りはある
  • 21位以下の銘柄で占めるセクターは、ある程度の凹凸が見受けられるが、各セクターを網羅している

 

【参考】SCHDの上位20位までと21位以下の銘柄が所属するセクター割合(弊ブログ独自集計)

続いて、SCHD内で「上位20位まで」と「21位以下」で横並びに記載してみました。

注:この表も弊ブログで独自に分類、参考集計したものです。正確性を保証するものではありませんので、参考程度にご覧ください。

⑪-2 【参考】SCHDの上位20位までと21位以下の保有割合
  • 情報技術、ヘルスケアは上位20位までの構成銘柄で保有割合の大多数を占めている
  • IBM、TXN、CSCO、AVGO、ADPの5銘柄がSCHDの情報技術セクターのほぼ大多数
  • PFE、AMGN、MRKでヘルスケアのほぼ大多数
  • 資本財、生活必需品も上位20位の占める割合が多め
  • 21位以下では金融が約45%程度を占める
  • 公益事業、不動産は含まない

 

ETF全体の保有銘柄、重量の重複

銘柄比較の最後に、ETFごと(全体)の保有銘柄、重量などの重複程度を確認してみます。

以下、引用元はFund Overlap(etfrc.com)です。

⑪-3 銘柄、セクター、重量の重複程度 DGRW vs SCHD (2021:6:26時点)

DGRW vs SCHD

  • 銘柄の重複数は30銘柄
  • DGRWの保有銘柄299銘柄に対し、10.1%重複
  • SCHDの保有銘柄104銘柄に対し、30.3%重複
  • 重量(ウェイト)の重複は31%
  • 重量の重複はまずまず低めにみえる
  • 銘柄の重複も約30%程度であり、DGRWの分散とは異なる視点でSCHDの構成銘柄が選定されていると捉えることもできる

 

パフォーマンス推移の比較

トータルリターン推移の比較(DGRW設定日:2013/5/22以降)

今回はDGRWの設定日(2013/5/22)以降の推移を比較します。

ETFreplay.comから引用させていただきました。

ベンチマークとしてVOOを参考に掲載しています。

⑫ 比較チャート DGRW,SCHD (2013年DGRW設定以来)
トータルリターン VOO(202.7%) > SCHD(186.2%) > DGRW(183.2%)
ボラティリティ VOO(17.1%) > SCHD(16.6%) > DGRW(16.3%)
ドローダウン VOO(-34.0%) > SCHD(-33.4%) > DGRW(-32.0%)

2021/6月時点ではDGRWと比較してSCHDが3.0%トータルリターンが高いですが、ボラティリティやドローダウンはDGRWのほうが優れている結果となりました。

 

ただし、DGRWは概ねVOOと拮抗(SCHDを長期アウトパフォーム)していることも注目です。

DGRWは設定以降、VOOと拮抗して推移していましたが、直近では差がついているように見受けられます。

 

逆にSCHDは長期にわたってDGRWの後塵を拝していましたが、コロナショック以降の伸びは大きく、最終的に現時点ではDGRWと比較してトータルリターンが逆転しているという結果です。

 

セクターローテーションや保有銘柄の差によって、今後も優劣を繰り返しそうですので、長期で比較すると面白い結果になりそうです。

 

 

年間トータルリターン推移の比較(2012〜2020年以降)

SCHDの設定が2011年のため2012年以降(DGRWは設定が2013年のため2014年以降)から年間トータルリターンが計算されています。

(引用元:yahoo! finance USA)

⑬ 年間トータルリターン(%)
  • 年単位でみてもリターンは年によって抜きつ抜かれつ、全体を通じて見ると拮抗している印象
  • ドローダウンではDGRWのほうが下落耐性はありそうだったが、2018年はSCHDと同程度下落している
  • DGRWは設定以降のパフォーマンス推移でも確認できたように、2019年頃まではVOOと競うような年間リターンの推移だが、2020年に若干差が生じはじめている
  • SCHDはApple、Microsoftなどの時代を彩る成長企業を筆頭銘柄などに含んでいないが、現時点ではリターンが拮抗している点は非常に興味深い(ただし、DGRWよりアンダーパフォームしている期間も長かった)

 

期間別リターン推移の比較

年初来などのリターンも比較しておきます。

(引用元:yahoo! finance USA)

⑭ 期間別リターン(%)

 

  • SCHDが現時点でトータルリターンでDGRWを3.0%アウトパフォームしているのは、直近3年間〜至近までの成績が堅調である影響によるものとわかる(保有銘柄の構成による差がSCHDに有利に傾倒しているように見受けられる)
  • 5年推移でみればDGRW、SCHDのリターンは拮抗している
  • 保有銘柄の特徴が異なる点からも一進一退の進展が予想されるため、今後のパフォーマンスにも要注目

 

分配金、増配率、分配利回りの推移

年間分配金($:税引前)実績の比較

DGRW2013年、SCHD2012年以降の分配金実績を比較しています。

注:弊ブログで定例分配と判断した分配金のみを集計して作成した表となりますので、ご注意ください(不定期に出されているとこちらで判断した分配金を除外しています)。弊ブログ独自の集計であることをご了承お願いします。

⑮ 年間分配金($:税引前)実績一覧

参考にトレンドラインも記載していますが、集計実績をもとにした”あくまでただの参考傾向”です、ご注意ください(以降、同様です)。

  • ともに右肩上がりの分配金成長が確認できる
  • DGRWは2017年、2020年に若干の減配実績がある
  • SCHDは毎年増配を繰り返している(減配の実績なし)
  • トレンドラインで見ると(ただの実績をもとにした参考傾向ではあるが)両ETFとも同程度の角度で上昇(=分配金が成長)しているようにみえる

 

1年増配率(%)推移の比較

上記の分配金実績をもとに算出した1年増配率の比較です。

トレンドラインは、集計実績をもとにした”あくまでただの参考傾向”です。

⑯ 1年増配率(%)推移
  • トレンドラインで見ると(ただの実績をもとにした参考傾向ではあるが)近年のDGRW1年増配率は鈍化傾向にも見える ⇒2021年以降のDGRWの増配率プラス傾向への回復にも期待
  • DGRWの増配、減配の凹凸は極端な傾向にある
  • SCHDも波はあるが毎年、増配を繰り返していることが確認できる(ならしてみれば約10%/年以上ともみえる)

 

3年&5年増配率(%)推移の比較

上記の分配金実績をもとに算出した3年と5年増配率の比較です(10年はまだ未達)。

⑰ 3年増配率(%)推移

 

⑱ 5年増配率(%)推移
  • 1年増配率でみるとDGRWは減少傾向に見えたが3年スパンでみれば増配傾向は確認できる(2021年の分配実績によって、今後の3年/5年スパンなども改めて注目)
  • SCHDは長期でみても順調に増配傾向にある

 

(途中経過)2021年 vs 2020年 増配率(%)と分配金実績($)

2021年半ばではありますが、2020年との比較です。

DGRWは毎月分配ですが、比較のため簡易的に3ヶ月スパンで合算、算出しています。

⑲ (途中経過)2021年 vs 2020年 増配率(%)と分配金実績($)
  • DGRW、SCHDともに3/6月いずれも高い増配率を維持している
  • SCHDは特に上期増配率が高かった(上期でならすとDGRW約7.0%、SCHD約17.9%)
  • いずれのETFも2021年下期2回分の推移にも期待したい(特にDGRWは2020年の減配からの復調を確認したい)

 

分配利回りと株価 2012年3月〜2021年6月

最後になりましたが、それぞれのETF設定以降の分配利回りと株価の推移を表示しておきます。

⑳ 分配利回りと株価 2012年3月〜2021年6月
  • DGRW分配利回りはざっくり1.8%〜2.3%程度(記事作成時点の最新株価2021/6/25時点で1.81%)
  • SCHD分配利回りは2.5%〜3.0%程度(同時点に対し2.90%)

 

個人的な感想

資産の成長などをイメージしたイラスト

DGRWとSCHDの現在を比べてみましたが、個人的にはそこまで重複がスゴくはなさそうに見受けられました。

わたしとしては高配当系ETFよりも注目しているETFたちですので、下落や調整局面ではこちらのETFを優先して購入候補としてピックアップしています。

(これらのETFなら積立でもよさそうですが、わたしは現時点では様子見しています)

 

弊ブログを閲覧されている方の傾向をみても、DGRWは興味を持たれている方が多いように見受けられます。

DGRWは国内大手証券会社で購入が可能ですので、手軽に購入は可能です(しかもSBI証券であれば、買付手数料無料です。2021/4/14時点の情報、インターネットコース利用者に限る)。

 

気になるかたは、候補として検討してみるのも一案かもしれませんが、気になる点といえば、確実にかかるコストとしての経費率(DGRWは0.28%/年)は許容せざるをえない点です。

ただ、個人ではなかなか難しいファンダメンタルズを重視して、米国という異国の企業たちを選定、投資してくれていることを考えると、そんなに高過ぎることないと思います。

このあたりは、コストを重視される方は敬遠されるでしょうが、毎月分配(DGRWのみ毎月分配)や、配当成長と株価成長の両方に注目している方などは、これもまた一つの楽しみとして捉えられるのであれば、検討に値するのではないでしょうか。

 

いずれのETFも長期保有に向いているとわたしは個人的に評価しています。

 

資産のコアには「つみたてNISA」を優先しているので、コア資産は投資信託の楽天VTIですが、ETFでは自分なりの長期投資を継続するための楽しみも加えたいと考えています。

そのため、市場平均が初心者には最適と認識しつつ多少、市場平均よりパフォーマンスが落ちたとしても、これら期待するETFの成長を含め、楽しみにこれら双方のETFを保有するのも個人的には一案かなとも考えます(補完しあえそうという意味でも)。

 

誰になんと言われようが、自分の腹落ちする方針で長期投資と向き合い、離脱することなく継続していきたいものですし、わたしもそのような心持ちでこれからも取り組んでいこうと思っています。

 

弊ブログではこれからも、これらのETFを長い目でウォッチしていくつもりです。

気になる方は今後も是非ご覧いただけると嬉しく思います。

 

この記事がなにかの参考になれば幸いです。

それではまたっ!!